« 久しぶりに「レッズフェスタ」 | トップページ | [観戦記] 第2節 名古屋戦 »

2013年3月 4日 (月)

[雑感] 第1節 広島戦 NHK&スカパー

広島1-2浦和

 アウェイの開幕戦としては最高の結果を持ち帰ることができました。ものすごく嬉しい。
 試合内容が伴った勝利なので、輪をかけて嬉しいwww。この調子だと、本当に「今年は優勝」とか思って口に出しちゃいそうな自分が怖いですwww。
 昨季優勝した広島を相手に、どっちが覇者かわからないような試合運びで勝っちゃったわけだから、そんな勘違いをしてしまうお調子者がいても責められません。

 でも、今年も変わらずJリーグは実力伯仲です。そんな甘いもんじゃありません。
 浦和が相手だと、実力通りかそれ以上のパフォーマンスを見せてくれるチームも多いですし、今後は各チームの標的になるのは必至でしょうし。
 くれぐれも静かに見守りたいものです。
 後半相手が得点したあとバタバタする悪いクセも抜けていませんしww。

 全体を通して、昨秋ホームの広島戦と似たような感じでしたね。前線からの鬼プレスが本当に効果的だった。あれだけインターセプトすると本当に気持ちが良いです。
 ただし、広島が精彩を欠いたのは高萩とミキッチがケガで欠場したことが大きな要因ですよね。言ってみれば、相手は飛車金落ちだったわけです。
 しつこいようですが、熱く静かに見守りたいものです。

 初戦を終えた一番の感想は、やっぱり興梠の存在です。本当興梠を取って良かった。
 興梠に当てて周囲が動き出すシーンが結構あって、その分、興梠が右往左往するシーンwwも結構あったので、まだまだ連携は未熟に見えました。
 それでも、興梠の存在が大きかった。原口を1.5列に下げることができたのも興梠の存在があればこそですし。
 もっともっと連携面を磨いてほしい。

 原口は圧巻の活躍でした。
 昨年1トップで悩んだことが血肉になっているようですね。自陣深くにまで戻ってディフェンスをしている姿は感動的ですらありました。
 今年は、原口が大爆発するかもしれない。あの位置は水を得た魚のようだった。昨年の苦悩は今季のためにあったのかも。

 当初から好調と伝えられていた宇賀神は本当に良くなっていました。
 右サイドに移った梅崎は、やっかいな相手の左サイドに四苦八苦していたけど、森脇との連携が磨かれれば心配はいりませんよね。
 永田、槙野、森脇のDFラインは、期待以上に動きが良かった。すばらしかった。

 翻って心配なのは、ダブルボランチの二人です。
 特に啓太がどうも乗り切れていないように見えました。何度か鋭いインターセプトはありましたが…。

 次節はホーム開幕戦です。
 名古屋は昨季最終節埼スタでチンチンにした記憶も新しいところですが、さすがに今回は無策では臨んで来ないでしょう。
 しかしながら、開幕戦にフライブルグ帰りのFWが名を連ねたくらいなので、台所事情は相当厳しいように思います。
 きっちりと勝ち点3を積み重ねて欲しいですね。

|

« 久しぶりに「レッズフェスタ」 | トップページ | [観戦記] 第2節 名古屋戦 »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事