« [雑感] 第3節 大分戦 スカパー | トップページ | [観戦記] 第5節 磐田戦 »

2013年4月 1日 (月)

[雑感] 第4節 新潟戦 スカパー

新潟0-2浦和

 いつもの浦和ではない戦い方でびっくりしてしまった。
 加藤から短いパスを何本もつないで前線にボールを供給するスタイルなのは周知の通りなのだが、この日は加藤がロングボールを蹴ることが多かった。
 加藤からバックラインに渡っても、これまでのように丁寧にボールを回すことはなく、相手DFの裏に放り込むイメージを徹底していたようだった。

 前節の失点が相当ショックだったのだろうか。
 この戦い方が監督の指示なのか選手が考えたことなのかはわからないが、前線から労を惜しまず追いかけてくる達也や新潟の攻撃陣をいなす意味があったのは間違いないと思う。
 それと、いろんな方が言っていることだけど、新潟がバックラインの裏を獲られ易いこととかが影響していたのだろうか。

 しかし、こうなると加藤のキックの不味さが目立ってしまう。
 また、浦和の中盤にはヘディングの強い選手がいないので、加藤が蹴ったボールを悉く相手にボールを奪われてしまう。セカンドボールもほとんど獲れない。特にあのブラジル人(レオ・シルバ)にはとことんやられた。
 それほど体格の大きな選手じゃないのに、ヘディングは強いし体幹がめちゃ強そうだし寄せは早いしどこにでも顔を出してくるし機敏だし、とても嫌な選手だった。二人くらいいるんじゃないかと思った。
 レオ・シルバ一人にやられたと言っても言い過ぎじゃないくらい。

 前半からその戦い方をするのはわかるが、後半になったらミシャサッカーに戻すものだと思っていた。
 しかし、後半になっても浦和の戦い方ができない。
 ……というか、新潟の出足が落ちない。(レオ・シルバの出足が落ちないwww)
 サッカーってつくづく不思議なものだけど、ひとりああいう選手がいると、自然と周りも動きが良くなるんですね。

 正直、これだけタイトに戦えるのに、なんで勝ち星が無いんだ? と思った。でも、ブラジル人フォワード(ブルーノ・ロペス)があれだけ外しまくったらそりゃ勝てません。
 枠内シュートが一本もなかったんじゃない? 新潟サポがかわいそうになってしまった。

 この日の出来で並のチームを相手にしていたなら、浦和は3点は取られていたような気がする。
 つまり……、負け。
 抑えるべきところを抑えて浦和の横綱相撲、みたいな報道をしているメディアもあったけど、そうは思わない。新潟のFWに助けられただけだと思う。
 
 前線のトライアングルが機能しなかったのは、この日の戦い方じゃある程度仕方ないかも知れない。
 元気も「ボールが自分の頭の上を超えて行くことが多かった」とコメントしているように、なかなかリズムを作れなかったのかもしれない。
 いつもの鬼プレスも鳴りを潜めていたように見えたし。
 サッカーって、つくづく難しいスポーツですね。

|

« [雑感] 第3節 大分戦 スカパー | トップページ | [観戦記] 第5節 磐田戦 »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事