« [雑感] ACL グループリーグ 全北現代戦 埼スタPV | トップページ | [雑感] 第7節 大宮戦 スカパー »

2013年4月15日 (月)

[観戦記] 第6節 湘南戦

Urawa0414

浦和2-0湘南

 ようやく興梠が決めてくれた。
 試合前日のミニゲームで6得点を挙げたとの報道もあって、予感はしていた。
 いくらワントップとして機能していても、FWの本分であるゴールが無い状況ではちょっと厳しいと見る向きもあるだろうから、本当に良かった。

 「普通なら届かないボールに届いてしまう。興梠には1歩先のボールよりも、3歩先のボールを」という文章をどこかで読んだ気がする。鹿島サポのだったかな。
 いまとなっては正鵠を得た取説だった。
 1試合決めるとケチャップがドバドバ出る体質みたいなので、これから期待できそう。特にダービーはよろしくお願いします。

 前半の湘南はキリノをワントップに置いた 5-4-1 だったように思う。2トップ気味に 5-3-2 になったこともあるけど、概ねそんな感じ。
 攻撃時浦和が構える前線5人をマンマーク気味にしっかりとマークし、更に中盤でも素早いチェックを続けていたので、なかなか浦和は形を作れなかった。

 浦和は例によっていつもの布陣。
 湘南のフォアチェックが無いので比較的楽にビルドアップできた。しかし、前述の通り、バイタルエリアをしっかりと固められているので、なかなか崩せない。
 心なしか浦和の選手たちにキレが無く重そうに見えたのは、連戦の疲れでしょうね。
 ほんのちょっとのパスのズレ、連携のズレ、意識のズレが随所に見られた。

 そんな前半30分、バイタルエリアで相手DFラインから上手く興梠が飛び出す。パスの出し手は柏木。普通のFWが届くであろう3歩先にフワリと浮かせたボールが優しかったwww。
 右足を思い切り伸ばした興梠の足がボールに届いて移籍後初得点。歓喜の雄叫びを上げながら「3歩先」を思い出していましたww。
 「3歩先」については今までの試合でも何度となく感じていたけど、後半の得点機で外す興梠を見て確信してしまったwww。

 後半になると一転して湘南が前に出始める。そこに生まれたスペースを浦和がおもしろいように攻略した。
 湘南がDFラインを上げると、裏に放り込んでラインを下げさせる。場合によっては、浦和の前線がGKと1対1の状況まで生まれる。
 しかし、最後のシュートが決まらない。元気が興梠がマルシオが外しまくる。

 73分の柏木のゴールはCKがそのまま決まるという珍しいパターン。
 ヒーローインタビューで柏木は「狙ってません」と言っていたけど、風の具合はピッチの選手たちが一番わかっていたことなので、「もしかしたら」の気持ちは片隅にあったような気がする。
 調子はどうだろう。戻ってきたような気もするけど、ボールを持ち過ぎて判断が遅い傾向はそれほど改善されていないような気がしたけど、どうだろう。

 終わってみれば、2-0というスコア以上の完勝だった。
 でも、どこかモヤモヤした気分だったのは、何度もあった得点機を外しまくったからでしょうか。複雑な気分で We are Diamonds を歌ってスタジアムを後にした。
 下位チームから上げるべき勝ち点を取りこぼすのが浦和の芸風なので、不調の中でも歴然とした力の差があった湘南に勝ち切れたのは成長の証かもしれない。

 次節はずっと秋のまま絶好調の大宮が相手だけど、場所は大宮サッカー場。ダービーくらい埼スタでやればいいのにねぇ。
 チケット入手できておりません。
 奇特なお方が現れない限り、スカパー観戦になりそうです。

|

« [雑感] ACL グループリーグ 全北現代戦 埼スタPV | トップページ | [雑感] 第7節 大宮戦 スカパー »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事