« [観戦記] 第6節 湘南戦 | トップページ | [観戦記] 第8節 清水戦 »

2013年4月22日 (月)

[雑感] 第7節 大宮戦 スカパー

大宮1-0浦和

 完敗だった。すべてにおいて大宮が上回っていた。
 長いシーズン、こんな敗戦もある。ずっと勝ち続けるのは不可能なんだから。
 身も蓋もない正直な気持ちを書いてしまうと、以前からダービーの日にちょっとした違和感というか疎外感を感じていた。

 他県に生まれ埼玉県民になって23年。埼玉で引っ越しを繰り返せどさいたま市に住んだこともなく今に至っている。
 そんなアウトサイダーな浦和サポでも、サッカーにおける浦和の歴史とか一通りわかってはいるつもり。でも、「浦和の誇り」と言われても切実な実感がない。かと言って、生まれ故郷のチーム「新潟アルビレックス」に思い入れがあるわけじゃないけど。

 だから、「さいたまダービー」といっても今一つピンとこないんだ……みたいな話を子どもたちに話したら「ひらがなのさいたまじゃなくて漢字の埼玉!」とキツイ一言が帰ってきたwww。ま、たしかに。
 子どもたちは生粋の埼玉県民で、生まれたときから浦和サポだったから、相当悔しかったみたいで。それはそれでも、とてもうらやましい。
 「サイタマ、サイタマ、ナンバーワン!」とかコールされると腹が立つのは間違いないんだけど…ww。

 この敗戦は、元気の負傷交代がすべてだったような気がする。

 タテポン、マンマーク、引きこもり守備…。
 様々に編み出された浦和対策を打ち破る強さを持ってこそです。

 10月に埼スタで行われる「さいたまダービー」も、今回みたいな順位で戦えたらいいな。

|

« [観戦記] 第6節 湘南戦 | トップページ | [観戦記] 第8節 清水戦 »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事