« [観戦記] 第11節 鹿島戦 | トップページ | [観戦記] 第13節 柏戦 »

2013年5月20日 (月)

[観戦記] 第12節 鳥栖戦

Photo

浦和6-2鳥栖

 二男のたっての希望で9年ぶりにゴール裏に入り込んだ。
 何度連れて行っても長男は馴染まなかったが、二男は自分から言い出してチャントも完ぺきに覚えていたww。
 ネットにたくさん上がっている動画で覚えたのかと聞いたら、「スタジアムで自然に覚えた」そう。でも、「We are Diamonds」はスタジアムじゃ覚えられないよ(笑)。

 両膝の具合が悪くて体力的にも耐えられるか心配だったけど、今日になってもまったく問題ない。新しいチャントも問題なかった。やれるのがわかってちょっと嬉しいww。
 しばらくゴール裏通いが続くかも。 
 久しぶりのゴール裏でスコアも6-2と最高だったが、やっぱり試合の状況はつかみにくい。

 目いっぱい声をだしたのに、点差ほどカタルシスを感じなかったのは、失点の形があまりに情けないからだろうか。得点しては失点し、得点しては失点しを2回も繰り返した。
 鳥栖が前半の決定機を決めていたら、逆の結果になっていてもおかしくなかった。
 得点直後に、なんであんなにバタバタするんだ?
 
 敢えて書くけど、加藤、もっと落ち着け。もっと試合の流れを読んでくれ。時間帯を把握してくれ。配球にもっと緩急をつけてくれ。
 相手の陣形が整わないうちにボールを前に運びたい気持ちもわかるが、マイボールで確実に試合を止められるのはGKだけなんだから。
 このあたり、山岸は老獪だった。違ったか。山岸の場合は、意味不明の遅延行為で黄紙をもらうことが多かったなww。

 前半から後半途中まで、鳥栖のタテポンに手こずった。鳥栖の選手たちは、前方の豊田目がけてポンポン入れてくる。まったくシンプルな戦術でわかりやすい。
 たしかに豊田は良い選手だ。たまに加藤からビルドアップすると、豊田を中心とした前線の選手たちが浦和ボールホルダーに群がってきて奪われてしまう。
 昨年のアウェイ、鳥栖相手に手も足も出なかったことを思い出してしまった。怖かった。

 浦和のDF陣は、とにかく豊田を封じろ! という意識が強すぎて、他の選手のケアが若干おろそかになってしまったかもしれない。
 で、豊田以外の選手から、後半に2失点してしまう。
 でも、豊田は那須を中心に槇野と森脇がキッチリと豊田を抑えてくれた。まあ、試合中は、1点差に詰め寄られるたび、まだ豊田が得点してないことが頭をよぎって不安が募って(笑)。

 それにしても那須。
 相手CFを完ぺきに抑えて、その上公式戦4試合連続ゴールってwww。すごすぎ。本当に良い選手が来てくれた。
 豊田を見に来たザッケローニの目の前で封殺とか(笑)。

 この日のポイントはサイドだったかもしれない。ザッケローニの目に留まっていたりしてww。
 鳥栖は、特別な浦和対策をしてこなかったようで、サイドにおもしろいように良いボールが入った。梅崎に平川に。そして、平川→マルシオの後平川の位置に入った森脇に。
 ここまでサイドから良いボールが配球されて、得点に結びついたのは初めてじゃないだろうか。
 興梠からあとの4得点は、すべてサイドからだった。

 前節に続いて森脇スクランブルwww。あんな時間帯により運動量を要求されるサイドハーフに上げられても、運動量が少しも落ちることなく大活躍するとかすごいよ。
 89分に那須が決めた5点目だったか、コーナーキックを森脇が追いかけて上手くコントロールしたボールを、パスを受けた興梠が那須の頭にピンポイントでセンタリング→那須がドスン、というシーンが印象的だった。
 おかげで、平川→マルシオという強気の交代オプションが確立した。 

 宇賀神のケガで左に入った梅崎も良かった。
 梅崎は右サイドよりも左サイドの方が動きが良い。森脇よりも熟成されている槇野との連携の方が良いし、宇賀神よりもシュートの意識が高いから、相手も守りにくいのかも。
 
 短い時間でキッチリ決めた矢島が頼もしい。
 万が一、来年元気が海外移籍なんてことになったら、矢島に2シャドーの一角を担ってもらわなくちゃならない。
 
 とりとめなくなってきた。
 アウェイで国立柏戦、来週水曜の仙台戦とキッチリ勝利して中断を迎えたい。

|

« [観戦記] 第11節 鹿島戦 | トップページ | [観戦記] 第13節 柏戦 »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事