« [雑感] 第15節 FC東京戦 スカパー | トップページ | [雑感] 第17節 横浜戦 テレ玉 »

2013年7月14日 (日)

[観戦記] 第16節 川崎戦

01

 昨年9月24日のガンバ戦を彷彿とさせる最低最悪大惨敗の試合。ガンバの時はホームだったので一層印象が悪いが。

 救いというか唯一の希望は、昨年の場合ガンバ戦後の柏戦で気迫溢れる戦いを見せてくれたこと。加藤のロングスロー、矢島がヘッドでつなぎポポのゴールで劇的勝利をもぎ取った。
 しかし続かず、次の最下位札幌戦で、優勝争いから二歩も三歩も後退してしまう敗戦を迎えるわけだけど。
 
 次節、横浜戦での奮起を期待する。
 ターンオーバーはどうなったのですか、ミシャ監督? 
 次節は大幅に選手を入れ替えて”カツ”を入れる必要があるのじゃないですか?

 啓太の負傷を受けて、永田をセンターバックに置いて那須を上げるか、マルシオをシャドーに入れて柏木を下げるかどっちか? と予想していたら、柏木ボランチだった。
 結果論で申し訳ないが、この柏木ボランチが最悪の出来だった。

 柏木だけでなく、みんながみんな最悪の出来だったけどwww。

02

 前半早々に、相手ゴール前でスルーパスが何本か合わずにゴールラインを割った。イヤな予感がした。全体的にチグハグで合わない感じ。
 その後も縦パスがまったく合わない。川崎はそこを狙ってカウンターを仕掛けてくる。特にマルシオへの縦パスが狙われた。
 前線への縦パスが狙われるので、浦和の選手達は徐々に消極的になって、横パス横パス横パス横パス……orz。
 もうこうなったら浮き上がれない。

 個々の選手がどうとか、もういい。
 なんで、ウチの選手たちはあんなに体力が無いんだ?

 結局、中断開けのリーグ戦これまでの3試合はどれも同じ戦い方に見える。

 あんな感じでも甲府相手にはまだなんとか戦えた。ミシャ監督は「プロフェッショナルな戦い方」と称えた。
 東京戦は3点目を決められない相手に助けられたのもあって、興梠と元気の個人技で同点に持ち込めた。
 しかし、川崎は前2チーム以上に攻撃力がある。組織もよくまとまっていた。そんなチームを相手して、易々と3点目を決められて息の根を止められた。

 合宿で何をしてきたんだ? 
 夏に向けての省エネサッカーを学んできたのか?

 戦わないサッカーは見たくない。
 戦えよ、走れよ、リスクを恐れるなよ、チャレンジしろよ。

03

|

« [雑感] 第15節 FC東京戦 スカパー | トップページ | [雑感] 第17節 横浜戦 テレ玉 »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事