« [観戦記] 第16節 川崎戦 | トップページ | お帰り、直輝 »

2013年7月18日 (木)

[雑感] 第17節 横浜戦 テレ玉

浦和2-3横浜

 一向に改善されない安い失点による敗戦。前節とは違うと思う。
 でも、守備面の病巣は相当深いような気がする。

 守備に入ったとき、中断前の良い時にはできていた、相手ボールホルダーを囲んでのボール奪取がまったくできていない。
 こちらがボールを持つと横浜の選手たちがワラワラと集まってくる。出しどころが無いと奪われる。
 しかし、相手がボールを持ったときは大抵こちらと一対一。ファーストDFが寄せても2人目3人目が寄せて来ないので、プレッシャーをかけられない。

 ”寄せてこない”のではなくて”寄せられない”が正解かもしれない。
 ここ数試合は中盤が異様に間延びしている。特にこの試合はひどかった。バランスがズタズタ。だから、セカンドボールを悉く相手に拾われてしまう。
 マルキーニョスを筆頭にした上手い横浜の攻撃陣によって、DFラインを下げさせられたのだろうか。

 それなら、昨年のように攻撃陣まで一旦リトリートして、攻撃を跳ね返しておいて陣形を整える作業も必要なのじゃなかろうか。

 選手同士の距離も離れすぎ。
 この日、左サイドでボールを受けた梅崎が相手数人に囲まれてボールを失ったシーンが象徴的だった。誰も寄っていかない。
 「もっと寄ってくれ」と言うポーズを見せた梅崎の苦り切った表情が印象的だった。
 
 原因は何だろう。
 疲労は当然ある。最近のミス連発は疲労が原因なのでしょう。この日も考えられないミス連発だった。
 でも、しかし、日程はリーグ全体が同じ。それなのに、ウチの選手たちは相手よりもずぅ~~~~っと疲れているように見えるんだけど、なんで?? どうして??

 他のチームが6月の中断期間をどう過ごしたか知らないけど、もしかして、寒いくらいの気候だったという北海道合宿が失敗だったとか? 合宿とかやらないで、体力回復に力を注ぐべきだったとか? 合宿をやるとしても気温の違わない地域でやるべきだったとか? 

 運動生理学的にはどうなんだろう。
 このあたり、チームとして精査してノウハウを蓄積していって欲しい。
 
 2週間の中断を有効に過ごして、再起を願うばかりです。あ、そっか、花試合があったんだ…orz。

 PS:坪井は良かった。物凄く効いていた。なんで交代させられたのかわからん。

|

« [観戦記] 第16節 川崎戦 | トップページ | お帰り、直輝 »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事