« [雑感] WC最終予選 オーストラリア戦 BS | トップページ | [観戦記] 第14節 甲府戦 »

2013年7月 1日 (月)

[観戦記] ナビスコカップ 準々決勝 第二戦 C大阪戦

Photo

浦和1-1C大阪

 危惧していたとおりのことが起こった非常に分かりやすい試合だった。
 いくら口では「前半が終わっただけ。同点のつもりでやる」と言っても、2点のアウェイゴールで純然たるリードがあるのは間違いない。

 選手たちが守りに入っても仕方ない面があると思う。
 案の定動きが悪く、モタモタゆったり。リスクを恐れて前へ出ていかない、、と書いたら選手たちは怒るかもしれないが、スタンドから見ているぼくにはそう見えてしまった。

 それと興梠の不在。
 1トップで先発を果たしたマルシオがまったく仕事ができず、仕舞にはマルシオへのボールが狙われてしまう始末。何をやってもうまくいかないのを見て途中から元気がその役目を担ったが、やはり興梠のようにはボールが収まらない。

 代わりに阪野を使わないだろうとは事前の動向からなんとなくわかってはいたが、阪野にしてみれば忸怩たる思いがあるのじゃなかろうか。
 マルシオの出来を見ていると阪野にチャンスをやるべきだったのじゃないかと思ってしまう。結果論かもしれないが。

 セレッソは、引きこもってカウンター狙いなのか、浦和が後でボールを回して誘ってもまったく乗って来ない。業を煮やした啓太だったかが挑発してもまったく乗って来ない。
 浦和がボールを持つとC大阪はほぼ全選手が自陣の手前をがっちりと固める。浦和の攻撃陣の周りは相手選手だらけという状況。
 で、マルシオ目がけて入れる縦パスを狙ってかっさらってカウンターに持ち込む。
 セレッソが攻めてきても中々数的優位を作れず、いつもの浦和らしい防御がなかなか見られなかった。

 そんな前半6分、緩いディフェンスからエジノが上げた長いボールが、なぜかフリーの柿谷に渡ってためたボールがマイナスで南野へ。ダイレクトで南野がゴール。
 右サイド二人の不味い守備……。声をかけあっていればあんな風にかぶったりしないだろうに。難しい場所なのはわかるが……。

 失点後もなかなかペナルティエリアの奥深くに侵入できない。
 ひとりひとりの動きが緩慢だからボールを持っても出し手がいない。足下へのボールの連続。それじゃ狙われる。
 そんな中、目立っていたのが左サイドの梅崎。再三再四仕掛けて、危険なシーンを何度も演出していた。

 その梅崎から前半34分にゴールが生まれる。リスクチャレンジしない仲間に向かってアピールするような一撃だった。
 今季は宇賀神の成長もあって、右サイドを勤めることが多かったが、やっぱり梅崎の攻撃力を活かすのは左サイドが良い。

 後半投入された宇賀神は平川に代えて右サイドだった。どちらもできるから問題ないのだろうけど、その宇賀神もケガ前とは比べものにならない出来だった。 
 ペナルティエリア付近に持ち込んでも、後ろを向いてしまう。なぜ勝負しない。

 マルシオに変わって入った関口も良いところなし。
 ここもミシャ采配に不満。マルシオに変えるなら矢島を出して欲しかった。矢島の方が適正があるように思う。
 
 後半は両者緩慢な動きに終始。
 セレッソも早々に諦めてしまった?

 勝ち上がったのはたいへん良かったが、試合としては非常につまらない部類に入ると思う。
 消化不良ばかりが残った。

|

« [雑感] WC最終予選 オーストラリア戦 BS | トップページ | [観戦記] 第14節 甲府戦 »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事