« [観戦記] 第21節 大分戦 | トップページ | [雑感] 第24節 新潟戦 »

2013年8月26日 (月)

[雑感] 第22節 清水戦

清水0-2浦和

 今期最も楽な戦い。清水には申し訳ないが、完勝だった。

 宇賀神の秀逸な動きから、前半のうちに2得点を上げて、後半は省エネ安全運転に終始した。ゴドビは、後半は清水が押し込んでいたとか言っていたけど違うよね。実際は、浦和が巧妙にボールを持たせていた。
 その後半、浦和の選手たちは相手DFラインの裏を取る意識が高く、ボールを奪うと即効でカウンターを仕掛けるのは良いが、全然タイミングがあわない。築かれるオフサイドの山。

 マイボールになると、啓太-那須-阿部のトライアングルでボールを回して、ちょこっとビルドアップたまに縦パス→ミスして清水がボール奪取→浦和にゆっくり攻め込んでくる→清水のミスでボール奪取→カウンター…。
 こんな繰り返し。

 並みのチームが相手なら、何点か失点してそうな展開だったが、ラドンチッチと大前がまったく機能していていないので、怖くなかった。
 ピンチは、前半の35分だったかのCKからの平岡ヘディングと本田のバー直撃くらい。これ1回だけだったかも。

 それもこれも、清水の無策が原因ですね。
 最近、浦和を相手にするとどのチームもいろいろと工夫を凝らしてくる。こっちは、相手の浦和対策に手を焼いて崩れ去るというパターンが多いので、ちょっと不思議な気分だった。
 
 ラドンチッチにボールが入って、那須はもちろん森脇も槇野も中央に絞ってしまい、両サイドがガラ空きになったシーンが何度かあったのに、清水はそこを突いて来ない。
 守っては、こちらの5トップに対しノーマルな4バックのスライド守備なので、平川か宇賀神のどちらかがフリーでボールを受けることができて、攻撃のスイッチも入りやすかった。
 サイドがそうなると、センターも活性化してくる。得点はそんな形だった。

 この日は宇賀神が特に良かった。
 サイドでボールを受けたかと思うと忍者みたいに中央に侵入して、2得点を演出した。
 宇賀神だけでなく、ああいう動きが前線で活発化すればまたワンランクアップした攻撃力を身につけられると思う。

 守備に関しては、両ストッパーが中央に絞ったときの両サイドガラ空き対策がやっぱりできていない。
 相手が、時間をかけてくれれば、平川宇賀神が戻って来られるけど、切り替え早いショートカウンターを仕掛けられたときが問題だよね。
 今回、ラドンチッチにボールが通ってしまったときみたいなケース。
 どういう対応がいいんだろう。

 後半の省エネ対応が、横浜戦に功を奏してくれると良いと思う。
 結構体力を温存できていたように見えたんだけど、実際はどうなんでしょうね。
 水曜日は2位の横浜が相手。たいへんな戦いになるだろうが、しっかり勝ち点3を積み上げてほしい。

|

« [観戦記] 第21節 大分戦 | トップページ | [雑感] 第24節 新潟戦 »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事