« [観戦記] ナビスコカップ 準決勝 第二戦 川崎戦 | トップページ | [雑記] 第31節 仙台戦 NHK BS »

2013年10月28日 (月)

[観戦記] 第30節 柏戦

1

浦和2-1柏

 サスペンドの森脇と興梠に代わって坪井と阪野が先発した。
 最近の起用具合から興梠に代わるワントップは関口ではないかと推測していたが、ふたを開けてみれば順当に阪野だった。

 関口は、サイドとワントップができるというユーティリティを買われてのベンチ入りで、ここ最近何度か見られた興梠との交代も苦肉の策だったことが判明。
 この日も後半疲れてボールキープがままならなくなった阪野に代わってピッチに出てきた。

 この日の阪野は良かった。
 懐が深く、入ってきたボールを上手く収めることができていた。上背があるのはスポーツ選手にとっては大きなアドバンテージだと改めて感じた次第。
 一連のポストプレーは興梠より良かったのじゃないかと思わせるほどだった。相手DFの徹底マークもものともせず立派に戦った。頑張ったと思う。

 ただ、残念ながら連携が悪く、飛び出しのタイミングやポストプレーで収めたボールを出すときのタイミングがさっぱり合わない。こればっかりは仕方ない。
 65分に関口と交代するまでシュート1本も打てず。これも仕方ない。見た感じ、興梠と同じく強引にシュートにもっていくタイプでは無さそう。
 本人としてはほろ苦いリーグ戦初先発だったかもしれない。

 前節腰痛で途中交代した柏木の出場も危ぶまれていたが、しっかりと調整して出てきたのはさすが。
 しかし、万全の状態ではない柏木が大活躍してしまうとは。柏は柏木にとって相性が良いみたいなので、本人は上々の気分だったのかもしれないが。

 5分のゴールは原口のシュートをGKがこぼしたところに詰めたもの。
 11分のゴールはバイタルエリアで数度のやりとりのあと、槇野が左サイドから送ったボールを、ワントラップして左足でコースを狙い澄まして押し込んだもの。
 ともかく2点は取ったが調子はあまりよくないようだ。それでも、右サイドのルーズボールに向かって鬼神の奪取でマイボールにしたときは萌えますた。

3
↑ 暢久500試合出場オメ!

 ここ最近の浦和はポジションが非常に流動的だ。
 以前のように、攻撃のときは4-1-5、守りに入ったら5-4-1、みたいなはっきりとした陣形をとらなくなっている。
 キーになっているのは槇野とと宇賀神かもしれない。

 この日も何度も見られたが、攻撃に入ったとき宇賀神のすぐ後ろに槇野が控えて前を伺う。宇賀神は中央に入ることがあるので、その隙を見計らって槇野が上がって、啓太や那須あたりからボールを受ける。
 槇野が上がったスペースは、阿部あたりがしっかりとケアしているから問題はない。
 2点目はその槇野からのクロスだった。
 ああいう攻撃が右サイドからも出来れば良いのだけれど、そこはのびしろがあるということで。

 ゲーム開始11分で2点を奪取してしまい、今日のゲームは難しくなると思ったらあっという間に失点。馬鹿試合になるかと思ったら双方決め手を欠いてそのまま終了した。
 浦和が良かったのは最初の11分だけ(笑)。

 あとの79分は防戦一方というわけじゃないが、なかなかボールを前に運べずフラストレーションがたまった。
 柏はロビングをマイボールにして執拗に浦和ゴールに迫ってきた。

 ここで山岸!! 
 相手にプレゼントパスを出したこともあったが、山岸とは思えない飛び出しでピンチを救ったり、際どいクロスを横っ跳びでキャッチしたりと大活躍。
 あらためてキーパーの安定度はチームに幸運をもたらすと実感した。

 良いゲームではなかったがなんとか逃げ切りに成功した。
 こういう試合をモノにできたのは大きい。運にまだ見放されていない。
 リーグ戦は好位置につけたまま。浦和が優勝するためには、ともかく全勝するしかない。

 浦和の場合、まだまだ未熟なので選手が変わるとチームが変わってしまう。
 いよいよ今週末は、柏とナビスコの決勝を争うわけだが、興梠と森脇が復帰するとまたこの日とは別のチームになる。
 これは浦和有利だと思ってしまう。

 万全に調整して大一番に臨んでほしい。

 しかし、この試合の観客が35,000に満たないなんて。
 ナビ決勝柏戦は瞬殺完売だったのに……。

2

|

« [観戦記] ナビスコカップ 準決勝 第二戦 川崎戦 | トップページ | [雑記] 第31節 仙台戦 NHK BS »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事