« [雑記] 第31節 仙台戦 NHK BS | トップページ | レッズフェスタ2014~クルヴァ西より »

2013年11月25日 (月)

[観戦記] 第32節 川崎戦

Unnamed

浦和1-3川崎

 以下、観戦記というよりも個人的な感想。

 二つの意味で、ダメージの大きな敗戦だった。
 
 ひとつは、当然ながら優勝から大きく後退してしまったこと。
 残り2試合を浦和が連勝しても、マリノスが1勝でもすれば優勝が決まってしまう。早ければ次節にも優勝が決まる。
 その大事な試合を落としてしまったダメージは大きい。

 もうひとつは、セットプレーに弱い、引いて守られるとなかなか崩せない、カウンターに弱い、連動性あるハイプレスに弱い、興梠・元気を封じられると攻撃が組み立てられない、勝負弱い等々、今季さらけ出してきた自分たちの弱点をひとつも克服できずにシーズンを終了してしまいそうなこと。
 失点の場面はジェシについていた那須があっけなく競い負けてしまったから、どうしようもない面もある。
 その他の弱点については、すべてがこの日の試合でモロに出た。

 山岸と加藤には悪いが、GKの補強は絶対に必要だと思う。GKを補強しないなら、GKコーチの強化か入れ替えが最優先じゃないだろうか。
 この日の山岸の慌てっぷりは痛々しいくらいだった。DF陣も不用意なバックパスはやめてください。
 ゴールマウスを守るようになって川崎みたいなハイプレスを仕掛けてくるチームは初めてだった?

 勝負の縦パスをかっさらわれたならまだ納得できるのだが、この日は連携が合わずに失うことが度々あった。
 2年も同じシステムでやって、それでもなお連携不足…。

 個人的には、もうひとつダメージがある。
 ミシャ監督は来季に対し、どんな青写真を描いているんだろう。
 補強リストを提出しているそうだが、また補強に頼るつもりなのだろうか。監督就任以来2年の間、誰も育てていない。宇賀神?元気? 元々レギュラーだった。
 カネで優勝を買わない、と公言しているミシャ監督だが、やっていることは真逆のような気がしてならない。

 もうひとつのダメージ。それは来季への不安が大きくなったこと。
 前節の感想にも書いたけど、ミシャ監督に守備専任のコーチをつけて欲しい。フロントはそのあたりをどう考えているんだろう。

|

« [雑記] 第31節 仙台戦 NHK BS | トップページ | レッズフェスタ2014~クルヴァ西より »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事