« レッズフェスタ2014~クルヴァ西より | トップページ | [雑記] 第2節 鳥栖戦 »

2014年3月 3日 (月)

[雑記] 第1節 G大阪戦 NHK BS

G大阪 0-1 浦和

 いくらJ2から上がってきたばかりとはいえ相手はガンバだ。
 練習試合で、永田をセンター那須を右ストッパーに起用したメンバーの守備が良かったみたいなので、興梠をワントップに李と原口のシャドー、両サイドに宇賀神と梅崎、ボランチに柏木と阿部、スリーバックに左から槇野、永田、那須。キーパーは西川。こんな布陣を予想していた。

 しかし、フタを開けてみれば、興梠、原口、梅崎、宇賀神、平川、柏木、阿部、槇野、那須、森脇、西川という、昨季とあまり代わり映えしない先発メンバーだった。
 目新しいのは先発でシャドー起用の梅崎くらい。それと西川。

 この日のガンバはあまり出来が良くなくて西川の出番は少なかったが、最初のワンタッチでテレビの画面からすら違いがわかってしまった。
 何より、ボールを保持してからの落ち着きが全然違う。
 昨季ゴールマウスを守ったキーパー2名には悪いが次元が違った。足下が上手くて視野が広い。コーチングが良いからか味方DFを動かして自在にパスコースを作っていく。
 見事だった。

 浦和は周知の通り、キーパーへのバックパスが非常に多いチームだ。
 理由は、この日の解説山本人間力が言っていたような「相手の守備に押されて下がる」だけじゃなくて、相手にゴール前を固められてしまい、こちらも手詰まりなので一旦相手にDFラインを上げてもらって、ゴール前にスペースを作ろうという意図もある。

 もちろん、これは両刃の剣であって、窮屈なスペースの中で相手と対峙しなければならないので、与しやすく感じる相手も多い。
 キーパーにボールを戻すと相手の前線が猛然とアタックしてきて、アタフタした昨季のキーパーは不用意なキックで簡単にボールロストさせてしまうシーンが何度もあった。こんなシーンが確実に減ると思う。
 それと、矢のような正確なフィードがすばらしい!! これもまた、昨季のキーパーとはモノが違った。

 これだけ後が安定していると、前にいるDF陣も安心感が違ってくるよね。
 こんなすばらしいキーパーを移籍金ゼロで取れたんだから、フロントのファインプレー以外のナニモノでもないだろう。
 この補強に難癖をつける人たちは、この日の西川を見てどう思っただろうか。

 キャンプ当初から「浦和が守備練習をしている」というニュースが伝わってきていた。
 この日の見どころは守備がどれだけできるかでもあったわけだけど、正直テレビの画面ではよくわからなかった。

 わかったのは元気がとても一生懸命守備をしていたということ。
 森脇も上がりを控えて専守防衛に努めていたこと。
 平川がとても効いていたこと。

 特に書いておきたいのが原口元気の変貌ぶり。
 元気の守備は、昨季浦和の最大と言ってもいいくらいの弱点だったので、この日くらい守備をしてくれれば、5-4-1の守備システムがしっかりと機能してくれそうな気がする。
 「器が人を作る」というくらいで、背中の9番が元気を成長させたのだとしたら、これもまたフロントのファインプレーかもしれない。

 ガンバには大変申し訳ないが往時の怖さはまったく感じなかった。
 宇佐美の不在が大きいのでしょうね。前まで運ばれてもシュートまでなかなかもっていけないので、ゴール前での怖さは全然なかった。
 
 ガンバとは昨季対戦してないとは言っても、智将健太は浦和攻略法なんてとっくに折り込み済だろう、と思ったら確かに研究していて興梠をはじめとしたボールの受け手はしっかりと押さえた。
 守備はしっかりと迫力があったが、攻撃に移るとシュートを打つ選手がいない。

 平川が藤春を封じ込めることができたことも大きいかもしれない。
 もし、ミシャ監督がガンバのストロングポイントの一つが藤春だと判断してそこに平川を当ててきたなら、先行きに少し光明が見えるような気がする。

 いずれにしろ、ホームチームのシュートを単発7本に抑え、こちらは2倍以上の15本を打って、なぜかなかなか勝てない開幕戦をアウェーで完封勝利は評価に値すると思う。

 しかし、問題は次節の鳥栖戦だ。
 鳥栖を相手にして自在な対応ができて初めて、今季のニュー浦和は期待が持てるような気がしている。
 ホーム開幕戦でもある。しっかりと成長した姿を見せて欲しい。

|

« レッズフェスタ2014~クルヴァ西より | トップページ | [雑記] 第2節 鳥栖戦 »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事