« [雑記] 第1節 G大阪戦 NHK BS | トップページ | [雑記] 第3節 広島戦 スカパー »

2014年3月11日 (火)

[雑記] 第2節 鳥栖戦

Urawa002

浦和 0-1 鳥栖

 鳥栖お得意のロングボール攻撃に対応したんだと思うが、ミシャ監督は右ストッパーに濱田を持って来て右ワイドに森脇を上げる布陣にした。
 濱田は上背のある専守防衛の人だから、浦和にしてみればやっぱり高さ対策なんだと思う。

 しかし、結果として、急造右サイドの濱田と森脇が絵に描いたような連携ミスをやらかして、安田にどフリーでクロスを上げさせてしまう。
 待ち構えた豊田はあっさりと永田を振り切ってゴール。

 これだけ見ると濱田の抜擢は失敗だったように見えるが、実はそうではなくて時に豊田に小突かれながらも、しっかりと密着してプレーをした濱田には賛辞を送りたい。
 失点を招いてしまった森脇との連携ミスは、その後もう一度くらいあったように記憶しているが、大事には至っていない。
 失点シーン以外の濱田は良かっただけに、本当に悔やまれる。

 今日の試合とガンバ戦を見る限り、浦和の守備意識は昨シーズンに比べて格段に上がっている。
 この日は槇野が前半ほとんど上がらず守備に徹していた。一方、右サイドの濱田は槇野の位置より高めに取っていることが多かった。槇野の守備意識なのか濱田に修正が必要なのかわからないが。

 鳥栖のロングボール攻撃にもしっかりと対応できていた。豊田につくのは永田だったり濱田だったりしたが、前述の通り濱田も臆することなく豊田に対応できていたと思う。
 資料を見ると鳥栖はシュート3本だったようだが、危険だったのは得点を決められたシーンだけで、ほかはピンチらしいピンチがなかった。
 それだけに、試合開始早々の失点が悔やまれる。
 尤も、鳥栖が早々に引きこもったせいもあるけどww。

 攻撃はこのままやっていけば良い。後ろを気にしながら前のめりの攻撃ができていたように思うが、残念ながら得点を決めることができなかった。
 ただし、サイドからのクロスはもっと考えて欲しいところ。

 この日は、槇野の上がる回数が少ないのでストロングポイント左サイドはほとんど機能しない。必然的にサイド攻撃は右の森脇が担うことが多かったが、アバウトなクロスばかりで得点の匂いがまったくしない。
 原口との連携で左で僅かなチャンスが生まれても宇賀神のクロスもいい加減なので、こちらもまた得点の生まれる気配が見えなかった。

 1点ビハインドの後半になると長短織り交ぜた怒涛の攻めを見せたが、いずれも実を結ばなかった。
 負けたのに負けた気がしないおかしな気分でスタジアムを後にした。
 時間をおいて振り返って見ると鳥栖に上手いことやられたのかも、と思い始めている。

 「でもさ、それほど悲観する内容じゃなかったと思うぞ」と子どもたちに言ったら「それ、どっかで見たコピペじゃん! モイーズだったかな(笑)」と言われてしまったww。

 ともかく、梅崎がんばれ。

Urawa001

|

« [雑記] 第1節 G大阪戦 NHK BS | トップページ | [雑記] 第3節 広島戦 スカパー »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事