« [雑記] 第2節 鳥栖戦 | トップページ | [雑感] 第4節 清水戦 テレビ埼玉 »

2014年3月17日 (月)

[雑記] 第3節 広島戦 スカパー

広島 0-2 浦和

 2014年型浦和の戦い方が完全に見えた。
 このまま我慢して戦えればかなり失点は減らせる。当然、得点も減るけど、バランスをとりながらそこをどうやって修正していくかが今季の課題になりそうだ。

 昨シーズンの場合は、浦和の2列目、特に元気の守備がユルユルなため後ろから上がっていく選手を捕まえられず、自由な攻撃を許す場面が多かった。身も蓋もない書き方をしちゃうと、好き放題やられていた。
 しかし、今季ははっきり違う。テレビ画面で見てすらわかる元気の変身ぶりだ。
 この日は、自分の一番得意とするパターンで得点も決めたし。乗ってくれることを願うばかり。

 それと、今節のハイライトは西川。なんて守備範囲が広いんだ。時にペナルティエリア外に出てクリアする姿は、ホントに頼もしい。
 相手が特徴をわかっている広島だからというのもあるんだろうが。
 ボールを持ってはピンポイントで矢のようなキックが凄まじい。あそこでボールロストする心配がないと、これほど安心して見れいられるんだね。

 試合自体は、手の内を知ったチーム同士の探り合いが続いて、見ている分にはそれほどおもしろくはなかったが、場面場面で常に浦和の選手が先手をとって、得点を決めるべき人が決めて完封勝利を収めた。
 完勝と言っても良いくらいだと思う。

 開幕から若干不調気味に見えた興梠がすばらしいヘッドを決めて先制点が取れたのが大きかったのだから、完勝は言い過ぎだとしても、アウェイでこれならば90点くらいあげてもいいと思う。
 危険な場面は前半何度かあったくらいで後半は、チャンスすら作らせなかったわけだし。
 浦和はゲームプラン通りだったと思う。
 
 旗と弾幕がひとつもない応援風景は初めて見た。
 今回の裁定については複雑な思いがある。
 「反省」とか「生まれかわる」とか「再発防止」とか「安全」とチームに言われてもピンと来なくて、困惑している人がほとんどでしょう。

 もちろん、リーグによって決められたことには従う。
 しかし、数人のサポが起こしたもめ事の責任をスタジアムに一度でも通ったことのある、あるいは行くかもしれない数十万人(もしかしたら数百万人)の連帯責任のように、応援を窮屈にさせるのは承服できない面もある。
 大人の自分は再発防止のために仕方ない措置だということは理性で理解できるが、スタジアム通い3年目のシーズンを迎えたわが家の中学生は納得できないようで、常々不満を言っていた。

 そんな息子が、この日の試合は「見たいという気持ちが起きない」とのことで、自室に籠ってしまった。
 弾幕を出していたわけでもないしゲーフラを掲げていたわけでもないので、自分に直接的なダメージはないんだけど、トラブルの大元というか根源が見えないまま、オトナの事情っぽい流れで応援に制限を設けて窮屈にさせられているのが納得できないようだ。

 無理強いするつもりは全然ない。
 父親としてひとこと言ったのは「選手はお前よりもっと関係なくね?」ということ。例の弾幕を掲出した馬鹿野郎はこの際おいといて、こんな雰囲気でも頑張る選手は応援しなくちゃならないんじゃね? ということ。
 静観したい。

 こんな人は、大人でも少なからずいるんだろうな。

|

« [雑記] 第2節 鳥栖戦 | トップページ | [雑感] 第4節 清水戦 テレビ埼玉 »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事