« [雑記] 第3節 広島戦 スカパー | トップページ | [雑感] 神戸戦 スカパー »

2014年3月24日 (月)

[雑感] 第4節 清水戦 テレビ埼玉

浦和 1-1 清水

 スタンドに観客がいないという異様な雰囲気での試合。
 早々に忘れてしまいたいと思う反面、録画を残しておこうと思ってもみたり。複雑な心境は終わった今でも変わらない。

 その異様な雰囲気に呑まれてか、浦和の選手たちの動きは鈍かった。
 出足の一歩が遅いので清水の選手たちを捕まえられない。特に大前みたいに2列目から上がってくる選手を捕まえられないのは以前からの仕様なのだが、この日の前半は絵に描いたような緩慢プレーでピンチを招いた挙句失点した。

 失点直後テレビ画面から「マークは!マークは!」と響いた槇野の声が空しい。
 ペナルティエリアに侵入してくる六平に誰一人気が付かない。六平のすぐ近くに14番の姿があったけど、責任を押し付けるのは無理があるかもしれない。でも、気が付いて欲しかった。

 清水は大前がやっかいなのは前述の通りだが、この日は2列目に構えたノヴァコヴィッチが輪をかけてやっかいだった。
 あんなにデカいのに動きは早いし足下は上手いしヘディングは強いし視野は広いし、で手がつけられない。好き勝手やられてしまった印象。

 おバカレッドで出場停止の森脇に代わって濱田が先発するかと思ったら、ミシャ監督は阿部を据えてきた。
 鳥栖戦でのポカが頭の片隅にあったのかもしれないが、ここは濱田を使ってリベンジさせて欲しかった。相手が190cm台のFWを揃えて恥ずかしげもなく縦ポン戦術を徹底してくる清水だったということだけでなく、自信を失いかけている濱田のためにもそんな采配をしてほしかった。

 しかし、この日のミシャ監督に文句を言いたいのはこれだけ(笑)。監督は、実は冴えていた。
 とにかく、後半からピッチに送りだした今年のルーキー関根がすばらしかった。
 関根起用でわかったのは、ミシャ監督は若い選手を使わないのではなく、浦和の若手にミシャ監督の眼鏡に適う選手がいないから使わないということ。それが、はっきりとわかった。

 関根貴大は後半頭から平川に代わってピッチに立った。
 落ち着いていたと思う。難しいワイドの戦術もしっかりと理解していたように思う。守備に移っても粘り強く自分サイドでのピンチを未然に防いだ。読みが良いのか中盤でボール奪取を何度か。

 後半になって何度かイージーなミスがあったように思うが、全体を通してスピードがあり、左右のどちらの足でもボールを蹴ることができ、ドリブル鋭く突進力があり、粘り強く倒れない。関根はぼくには「希望」としか見えなかった。
 原口の同点弾は、半分くらい関根の得点だ。
 攻撃的な選手と聞いていたが守備もしっかりと出来ている。右ワイドに最適な人材かもしれない。もう、次節から右は関根でいいじゃないか、くらいに思っている。

 相変わらず柏木と梅崎は調子が悪いように見える。特に柏木が心配だ。
 それと宇賀神。解説の福永は「宇賀神は調子がいい」みたいなことを言っていたけど、そうですか? あんなアバウトなクロスしか上げられないのに調子が良いのかなぁ?
 宇賀神だけでなく、ラストパスの精度が低すぎる。

 福永で思い出したけど、福永解説&上野実況はひどいかった。
 サポの声が聞こえないので、自然と実況解説に耳が行くことになったからだと思うけど、とにかくひどかった。

 二人ともレッズをよく知っているんだから、もっとキチンと戦術とか布陣とか戦況について解説を加えてください。
 関根が出てきたときの福永初戦のエピソードとかいらないです。試合から離れて二人で世間話しているみたいに聞こえてとても不愉快だった。

 上野さんはもっと話を振るのが上手かったのに。
 まさかと思うけど、彼ら二人も異様な雰囲気に呑まれてしまったのかな。
 いろいろと残念な試合でした。一生忘れない。

|

« [雑記] 第3節 広島戦 スカパー | トップページ | [雑感] 神戸戦 スカパー »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事