« [雑感] 第6節 仙台戦 | トップページ | [雑感] 第8節 川崎戦 »

2014年4月16日 (水)

[雑感] 第7節 名古屋戦

名古屋 1-2 浦和

 時期を逸してしまったので簡単に。

 アウェイ名古屋戦が鬼門だなんて、いまさら自分書く意味が無いくらい浦和サポには浸透している。
 結果として、前節の仙台と併せて、苦手2戦を連勝出来たことは浦和にとって良い流れを作ってくれるような気がした。

 この日も良い戦い方だった。前半早々に失点してしまった以外は(笑)。失点後も焦ることなく、ポゼッションを高めて試合を優位に進めたのは良かった。
 失点場面は西川の判断ミス。前に出てなんとか手に当てたまでは良かったが、弾いたボールが永井に当たってしまった。永井にとってはラッキーなゴールだった。

 味方が二人もついていたので、信じて任せたらどうなっていただろう。
 守備範囲の広く飛び出しの判断に優れた西川だが、一シーズンに何度かはああいう失点があるのかも知れない。もちろん、それを補って余りある防御を行っているわけだが。

 元気は完全に一皮むけた。周囲がとても良く見えているように思う。献身的な守備も含めて、本当に良い選手になった。
 名は体を表わすというけど、タイミング的に9番をつける最高のタイミングだったのかも知れない。

 終始相手を圧倒した順当な勝利だった。
 ただし、柏木が下がってから攻撃の形を作れなくなったのはいただけない。

|

« [雑感] 第6節 仙台戦 | トップページ | [雑感] 第8節 川崎戦 »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事