« [雑感] 第7節 名古屋戦 | トップページ

2014年4月21日 (月)

[雑感] 第8節 川崎戦

浦和 1-0 川崎

 痺れる試合だった。
 双方が攻撃的な持ち味を出し切って正面からぶつかり合った。観ていて口の中が渇くほどの緊張感あふれる試合だった。こんな試合は年に数回あるかないかだと思う。
 イージーなミスが少なかったのが試合を締めて見せていた理由だろうか。

 しかし、川崎は良いチームだね。
 前半から決定的なシーンを作り続けていたのは川崎だし、後半になったらあれよあれよとボールを持たれて、浦和は最後のDFラインでなんとか跳ね返し続けて薄氷の勝利だった。

 前半から何度も何度もサイドを突く浦和に対し、細かいパスを通して中央突破を図ってくる川崎の構図。中村憲剛をマークしていたらもっと怖い選手(大島)に、何度か決定的なパスを通されて非常に危険だった。
 しかし、今季の浦和は慌てない。攻守のバランスを失わない。粘り強く泥臭く僅差の勝利をものにした。

 MOMは西川。衆目の一致するところでしょう。西川は異次元のキーパーww。
 あの一対一で股抜きシュートに気が付いて瞬時に股を締めるとか人間業じゃないよ。つくづく良いキーパーだと思う。ただし、フィードがいつもより正確性を欠いていたような気もした。

 前の3人の連携はイマイチだったけど、守備での貢献はすばらしかった。
 特に興梠、そして元気。今季、チームに守備の安定をもたらしているのは、この二人のディフェンスじゃなかろうか。二人がファーストディフェンダーとしての役割をきっちりとこなしていることが原因のように思う。
 まあ、どちらかと言えば、昨シーズンとは別人守備を展開している元気に負うところが大きいかも。

 攻撃では消化不良でフラストレーションがたまっただろうけど、昨年ならどこかで緊張の糸が切れたところをよく我慢できた。
 興梠なんか最後は足が攣っちゃうくらい走ったわけだし。

 リンクマンとしての柏木は昨シーズンまでの啓太とは違った色合いがありますね。印象としては、中央へのくさびパスが多いような気がした。啓太は対角線のロングパスが多かったけど。
 昨年はバックラインから前方へなかなかパスが出なかったが、今季は阿部からも那須からも良いフィードが出ている。
 
 残念ながらそのパスも受け手である梅崎と宇賀神のラストパスの精度がイマイチなため、なかなか実らない。それでもサイドを使う姿勢が徹底していた。
 尤も、梅崎にしろ宇賀神にしろ、ファーサイドを狙っているわけだから、そう簡単に通るはずがない。そのファー狙いが得点への布石だったわけだから、フットボールはとことんおもしろい。

 西川もすばらしかったし、柏木も興梠もすばらしかったけど、個人的には負傷の槇野に代わって入った濱田の活躍が嬉しかった。
 前に出た西川の後であわやゴールを跳ね返して、大久保に小突かれても必死に食らいつき、攻撃力は槇野には全然足りないがそれでも自分の持ち味を出して必死に戦った。

 あの場面だと今までなら阿部をストッパーに下げて啓太投入が常套だったが、新しい選択肢が生まれた。本職のDFとしては、ストッパーができない永田よりも使い勝手が良いので、出場回数が増える可能性もある。
 成長してほしい。今年の濱田は顔つきが違うもんね。期待している。

 心配は直輝だけになった…。

|

« [雑感] 第7節 名古屋戦 | トップページ

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事