カテゴリー「ニュース:浦和レッズ」の6件の記事

2008年3月16日 (日)

オジェック解任、後任はエンゲルス

 レッズが決断した。

 これだけの戦力を持ちながら、昨日のような試合をしてしまうのには、何か大きな精神的な理由があるように思えた。何かが枷になっているような。ぼくらにはわからないことで、もしかしたら本当に伝えられるような監督との不協和音が原因かもしれない。一部の選手から相当不満の声が上がっていたようだし。

 全責任は監督にあるから、責任を取るのは当然としても、突然の解任劇は少し酷なような気もしてしまう。ぼくらの与り知らないところで、話が煮詰まっていたということかな。積もり積もった不満があって、昨日の試合がトリガーとなったとか。オジェック、暗すぎましたかね、性格が。

 監督を解任したからといって、すぐに改善されるというような簡単なことではないでしょう。前線への意欲は、選手個々人の意識の問題もかなりあるのではないか。だとしたら、監督のクビをすげ替えても簡単には結果はでないような気もしてしまう。

 長い目でエンゲルス新監督とチームを見守りたいですね。エンゲルスは、さしづめ徳川家康かな。

 見渡した限りでは、アサヒコムが一番詳しかったので貼り付けておきます。

浦和、オジェック監督を解任 後任はエンゲルス氏
 サッカーのJ1浦和は16日、オジェック監督を解任した。浦和は開幕から横浜マ、名古屋に連敗。わずか2試合での監督交代劇となった。後任はエンゲルス・コーチが昇格して指揮を執る。

 オジェック監督は07年、前年にリーグ優勝を飾ったブッフバルト監督の後任として就任した。95、96年に浦和の監督を務めた経験があるほか、カナダ代表監督では北中米カリブ海一を決めるゴールドカップで優勝。国際サッカー連盟の技術委員を務めたこともあり、高い実績を持っていた。

 就任1年目の昨季、アジア・チャンピオンズリーグでJリーグのチームとして初めて優勝。クラブワールドカップにも日本のクラブとして初めて出場し、3位に入った。

 だが、昨年のリーグ戦では終盤に失速し、リーグ2連覇を逃した。また、戦術面で一部の主力選手と対立するなど不協和音も少なくなかった。

 後任のエンゲルス・コーチは04年に浦和のコーチに就任。ブッフバルト前監督時代からコーチを務めており、チーム事情には明るい。90年に選手として来日しているだけに日本語も堪能だ。91年から兵庫・滝川二高でコーチを務めた後、Jリーグ開幕とともに横浜フリューゲルスでコーチとなり、98年に監督就任。千葉、京都で監督を歴任し、横浜フと京都で天皇杯に1度ずつ優勝している。asahi.comより

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

フェスタの日、サンジャポで

 レッズフェスタにも行かず、アイロンがけを終えて筋トレをやろうとしたら、点けっ放しのテレビから、「浦和レッズの…」との声がした。

 声の主は、デーブ・スペクターだった。番組は日曜日の午前10時からTBSで放送している「サンデー・ジャポン」。約1時間半の番組の最後に、デーブ・スペクターが芸能ゴシップネタを手書きのフリップを持ってしゃべるコーナーだった。

 「浦和レッズのS・Kが、女優のH・Rと東京のどこかに新居を構えるために…」というようなネタだった。東京のどこかはちゃんと地名を言っていたけど、どうでもいいですよね。

 余程ネタがないのか、それともレッズがメジャーになったのか。天下のTBS様の日曜午前中の情報番組で、デーブ・スペクターの垂れ流しゴシップネタとは言え、一般ピープルにニュースバリューがあると判断していただいてのことでしょうか。勘違いしてしまいそうだった。まあ、いまや代表でキャプテンを努めるほどの選手なわけだけど。

 たいへんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月27日 (水)

今年のレッズフェスタは埼スタかぁ

スーパーアリーナに行ってしまう人がいるのでは?

 今年の「レッズフェスタ」は埼スタで開催だそうです。駒場でやっていたころよりも、時季が遅いのであれほど寒くはないだろうけど、重装備が必要ですね。今のところの天気予報だと、晴れ時々曇りで最高気温が11度とのこと。

 どうしようかな。日曜日はカミさんがバイトなので、足が無い。自転車? う~んヒザが…。行くならチビ同伴だけど、果たして長時間に耐えられるかどうか。

 いや、それにしても、てっきりスーパーアリーナだと思っておりました。開催場所の変更を告知するには、時期が遅すぎやしませんか? ポスターとか掲示していますか? もしかしたら、ネットにアクセスしない(できない)人たちは、結構な人数がスーパーアリーナに行っちゃうような気がします。だって、最近の「レッズフェスタ」といえば、スーパーアリーナですから。

選手とのふれあいイベントは無い

 毎年楽しませてくれた、選手とのふれあいイベントはないようです。ピッチとスタンドを容易に行き来できない埼スタ開催なので、仕方のないことだと思いますが、考えてみればレッズの規模はおいそれとそういったイベントを行えない規模になってしまったのかも知れないですね。寂しいような、嬉しいような。

 PDFチラシをよくみると「★印のついたところには選手がやってくるよ」なんてあります。場所は、「受付」のところと「とん汁コーナー」、第4グラウンドでハートフルクラブが行うサッカー教室、の三ヶ所のみ。これ、危ないんじゃないですか? 

 だから、選手が現れる時間を決めていないんだろうけど、逆に考えると、ネタに踊らされたファン・サポが右往左往するとか、最悪殺到するとか。返って危険なような気もするんだけど。子供は近寄らせない方が無難かなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

長谷部と契約更新してないのか?!

 長谷部ブンデス移籍浮上!ヴォルフスブルクが触手

 ドイツのヴォルフスブルクが浦和の日本代表MF長谷部誠(23)獲得のため正式オファーを出していることが24日、明らかになった。ブンデスリーガの中堅クラブは昨年3月から熱心に獲得に動いており、推定年俸45万ユーロ(約7400万円)と複数年契約を用意。長谷部側は現在第1候補のイタリア・セリエAのシエナと条件交渉中だが、合意に達しない場合は急転、ドイツ移籍が実現する。

 浦和の世界3強進出に貢献した赤い悪魔のプリンスが、衝撃のブンデス移籍を果たす可能性が急浮上した。

 関係者によると、長谷部争奪戦に電撃参戦してきたのは現在リーグ11位のヴォルフスブルク。クラブ関係者が先週、浦和幹部と極秘裏に接触しており、長谷部サイドには正式オファーも届けられているという。

 今季限りで浦和とは契約満了となるため移籍金はゼロ。条件面はすでに提示済みで、完全移籍の複数年契約で年俸は45万ユーロという。ブンデスリーガでは昨季からEU外選手枠が撤廃されたため、長谷部移籍には何の支障もない。(後略)(スポーツ報知より)

 今期限りで浦和とは契約満了となるため移籍金はゼロ。 
前に「長谷部との再契約を望む」と書いたことがある。しかし、果たされなかったようだ。結局、記事中に書いたGMの言葉はそっくりそのまま長谷部との約束だったんだろうか。今夏、どうしても移籍したい長谷部に対し、オフには移籍金無しで契約できるようにしてあげるから頼む、という話だったんだろうか…、やっぱり。

 こんな形で海外に移籍しても、どうにもならないと思うぞ、長谷部。移籍にはそれに見合った金銭授受が発生する。相手にそれだけの価値を認められてこその出費だ。プライドがないのかな。タダだから頼むって、こんな卑屈な態度じゃ足もとを見られるだけだぞ。こんなことを横行させてはいけない。フロントに抗議したい。中タコの悪しき先例を否定しなくちゃいけないのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

達也まで…

 達也、来季開幕危機!左太もも裏肉離れ悪化

 リーグ戦2連覇を逃した浦和の日本代表FW田中達也(25)が左太もも裏肉離れを悪化させ、全治3か月になっていたことが4日、分かった。7日開幕のトヨタ・クラブW杯出場は絶望的となり、来年3月のJリーグ開幕戦出場も危うい状況となった。

 関係者によると、田中達は公式戦で5試合ぶりの復帰となった1日の横浜C戦で後半から出場したが、患部を急激に悪化させた。前線での苛烈(かれつ)なプレスなどの影響で患部のダメージが拡大し、腱(けん)にまで及ぶ深刻な事態に陥ったという。

 ホルガー・オジェック監督(59)の決断が完全に裏目に出た格好だ。田中達は11月14日のACL決勝セパハン戦後、左足に激痛を感じ、指揮官との直接会談の末に許可された精密検査で肉離れが確認された。復帰目標をクラブW杯に設定し、慎重なリハビリで完治に近づいていたはずだった。だが、終盤のリーグ戦5試合1得点という決定力不足解消のため、老将は1度も練習に完全合流できない状況で横浜C戦の遠征帯同に踏み切り、強行起用の結果、最悪の結末を迎えた。

 あるスタッフは「クラブW杯は難しいと思う。でも、今から休めば来季開幕には間に合うと思う」と語るが、度重なる負傷に苦しむ小さなエースが3年連続でJ開幕戦を欠場する危険性が高まった。(スポーツ報知より)

 ロビー全治六ヶ月のニュースで驚いたと思ったら、更に追い討ちをかけるニュースが飛び込んできた。俺たちの報知だから、信憑性は高そう。

 ただし、その報知もポンテについて情報が錯綜している。『ポンテ、クラブW杯欠場(2007年12月4日20時24分)』では、「右ひざの靱帯(じんたい)損傷」となっており、『ポンテ5日帰国!山田はクラブW杯準々決勝に照準(2007年12月5日06時00分)』では、「前十字じん帯を断裂」となっている。重箱の隅を突いたところで、「全治六ヶ月」に違いはないのだが…。(PS:オフィシャルには「靭帯損傷」と出ましたね)

 暢久のときも思ったんだけど、浦和のトレーニングスタッフはどうしちゃったんだろうか。それほどに台所事情は苦しかったのか。これだけ負傷者が続発すると、やっぱりオジェック監督のやり方に疑問が生まれてくる。たとえ、オジェックの眼鏡に適う選手が半分しかいなかったのだとしても。それにしても全治三ヶ月の肉離れって、どんだけ?

 阿部は大丈夫だろうか。

 そんな中、スポニチが過激な記事。

 オジェック更迭も…クラブW杯次第で

 J1で悪夢の逆転V逸を喫した浦和のオジェック監督が、クラブW杯(7~16日)の成績次第では解任される可能性が出てきた。4日、クラブ幹部がオジェック監督と緊急会談し、あらためてクラブ杯終了後に采配などについて再聴取する方針を固めた。既に来季の契約も済ませ、続投が決定済みだが、クラブW杯の成績次第では来季に影響が出てきそうだ。

 クラブ側は指揮官のACLを初制覇した偉業は評価しており「例えクラブW杯で敗退しても現時点でオジェック監督以外に考えていない」と明言した。だが、仮に惨敗すれば状況は一変する。リーグ終盤の失速で、選手からの求心力は低下。中村GMは「選手の不満には、き然とするのも大事。率直な意見は伝えるつもり」と話し、再聴取の席ではかなり突っ込んだ内容の話し合いが行われることを示唆した。

 V逸のショックは、まだある。当初はACL優勝を祝し22、24日のいずれかにさいたま市内で優勝パレードを計画していたが、消滅の可能性が出てきた。藤口社長は「今後、そういう雰囲気になれば考えたいが、トーンダウンしている」と明かした。ショックを振り払うには、トヨタ・クラブW杯でアジア王者の意地を見せるしかない。(スポニチより)

 これって、セパハンに負けたらってことかな。記事のどこを読んでも記者の脳内ソースしか見えない。単なる憶測でこんな記事を書いて、新聞記者って楽な仕事だね。しかし、…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

地上波放送がやっと決まった

 ACL浦和戦、地上波でも放送決定!ゴールデンは3年ぶり

 14日のアジアCL決勝第2戦・浦和-セパハン(イラン)戦(埼玉ス)が、Jクラブの試合としては約3年ぶりにゴールデンタイムでの地上波テレビ(テレビ朝日系列)で生中継されることが8日、分かった。

 アジアサッカー連盟(AFC)主催公式戦の放映権を持つテレビ朝日ではこれまで、ACLを衛星放送のBS朝日で放送しており、決勝第2戦も同じ計画だった。しかし浦和が敵地での第1戦で1-1ドローと奮闘し、優勝に前進したことで方針転換された。試合開始は午後7時20分。ゴールデンでのJクラブの試合の生中継は、04年12月に浦和と横浜Mが競ったチャンピオンシップ以来約3年ぶりとなる。(サンスポより)
(後略)

 放送するとかしないとか情報が乱れ飛んだ末、結局放送してくれることになったようだ。嬉しい反面、バレーボールだとか陸上だとか、いろんなスポーツが放送されているのを見るにつけ腹立たしい思いもある。ここまで引っ張らないと決断できないものなのか。確かに、放送したからといって、キー局が納得できる視聴率は取れないだろうけど。

 しかし、代表しか商売にならないと言われて久しいサッカーの目線をもっと下げる努力は、こういった積み重ねがないとできない。ひとまず、感謝しておこうかな。複雑な気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)