カテゴリー「備忘録:浦和レッズ」の4件の記事

2014年2月 3日 (月)

レッズフェスタ2014~クルヴァ西より

 二男が自分の仲間たちと行ってしまったので、今年はカミさんと二人で行ってきた。夫婦で「レッズフェスタ」に行ったのは何年ぶりだろう。
 今年は夫婦で参戦する機会を増やしたいので、良いウォーミングアップになったかもしれない。
 「坪井とすれ違った!」とカミさんも満更でもなかったもよう。

 昨年同様午前11時過ぎに到着した。しかし、バックスタンド中央はすでに満杯。やむなく西のクルヴァへと移動したものの、選手の姿がほとんど確認できないくらい遠いww。
 腰をおろしてから、西ではオーロラビジョンすら首を曲げないと見えないことに気が付いた。すでに移動する気持ちは失せていたけど。
 シーズンチケット所有者専用のメインスタンドは両端に空きがかなり見られたのが恨めしかった(笑)。

01

 体感的に昨年より相当多いと思っていたけど、来場者はまさかの16,660人だったとのこと。昨年が11,479人だったので一気に5,000人も増えた計算になる。
 公式試合ですらこの数字に満たないチームもあるだろうに、相変わらず浦和の集客力はすごい。巷で”広島化”と不評の補強も、多くのサポーターには受け入れられているという証左でしょうか。

 ミシャ監督が決意表明で、相も変わらず「2シーズン前は降格寸前のチームだった」を繰り返していたのが印象的だった。
 もちろん、事実でミシャ監督の功績には違いないんだけど、いい加減そこから進んでほしい。
 開口一番監督が言った「ブーイングされるんじゃないかと思った」で笑いを取っていたけど、そんな言い方は好きになれない。
 半分は本心で、戦術とか限界とか一部の不評が結構堪えていたのかな。
 正直言えば、もっと力強い決意表明が欲しかった。ミシャがそういうタイプの監督じゃないのはわかっているんだけど。

02

 この日が新代表のお披露目でもあった。
 いままで、シーズン中の代表交代を繰り返してきたクラブに対し、サポーターが再三に渡ってシーズン初めに行うようお願いしてきたひとつの成果かもしれない。
 今後ずっと2月に社長が交代するのかわからないが、とりあえず、サポーターの意見を聞いてくれた前社長・橋本光夫氏の功績だと思う。

 こうして少しずつでも前進して、いつか市民クラブへと脱皮を果たしてほしい。

 お遊びのゲームが始まっても、さすがにクルヴァへ来てくれる選手は少ない。
 そんな中、かくれんぼで山田直輝が至近距離に隠れてくれた(笑)。直輝を見たカミさんは「こどもみたいじゃない!」と終始ニコニコ。
 その直輝を見つけに来てくれたのが啓太。ほかに関口も西クルヴァに来てくれた。那須はピッチから西クルヴァを見に来てくれた。
 ありがとう。

03

04

 結局この4人の姿しか見られたなかったのが残念だったけど、これから新シーズンが始まる儀式としてはやっぱりフェスタはいい。
 ゲームが始まるころには青空も覗いて気持ちの良い一日を過ごさせてもらった。

 最後に選手を代表して、元気が決意表明。
 元気はゲームでも紅組のキャプテンを務めていたけど、今季は元気に自覚を促して成長させたいという心づもりなのかな。9番を背負うわけだし、そうなってもらわなくちゃならないのはとてもよくわかる。
 チームにお願いしたいのは、元気が何をやらかしても、元気を信頼して教育を施し、一年の間サポートを継続してほしいということ。

 元気は試されるね。期待している。
 チームもブレないでほしい。

|

2013年7月28日 (日)

お帰り、直輝

 実に、1年4ヶ月ぶり。
 あの忌まわしいナビスコ仙台戦以来の直輝に、ピッチで会うことが出来ました。
 いろんなメディアから復帰が近そうなのは伝わってきたが、花試合とはいえ、ここに直樹を先発させたミシャ監督の粋な計らいが嬉しい。

 状態は良さそう。
 相変わらずの突貫小僧ぶりでハラハラしたけど、これが直輝だよな。
 浦和の優勝のために、がんばってください。ケガをしないように。

 辛い日々を乗り越えて、よくぞ復帰してくれました。

 お帰り、直輝。


 ほかの選手で、どうしても一言書いておきたいのが小島秀仁です。
 もっともっとガムシャラにやってみないか?
 失敗したっていいじゃないか、もっとチャレンジしよう。
 せっかくのチャンスだったのに、残念でしかたない。

|

2013年1月31日 (木)

2013年始動

 2013年の浦和レッズが始動した。
 宮崎の一次キャンプも無事に終了し、2月3日の「レッズフェスタ」を経て、鹿児島の二次キャンプ。そして、2月26日のACL第一戦に臨むことになる。

 今オフのフロントは確変した印象(笑)。
 もっとも、山道強化部長が「自分がいる限りはミシャを守る」みたいな発言をしたそうだけど、まさにそこが一番の心配ごとだよね。
 山道さんのクビが危うくなる時は、ミシャも危うくなる時だから一蓮托生なんだろうけど、チームとしてはそれでいいのかな。

 昨季終盤、ミシャサッカーは相手に研究されて手詰まりを起こした。いくつかの対処法を編み出されてしまった。
 今季は昨季以上に研究されるだろう。
 そこでミシャ監督がどれだけ昨季のサッカーに積み上げられるかが課題になるはずだ。
 その答えが興梠であり森脇、関口、那須だというなら、心配な面が多い。
 
 それと、今オフの補強を見ていると、なんでもかんでも監督に言いなりになっているように見えるんだけど、ここでもそれで良いのかな?と思ってしまう。
 フロントとして、浦和レッズの行く末をどれだけ見通しているんだろう。どんな未来図を描いているんだろう。

 レッズはカウンター主体のスピードサッカーをやってきた印象がある。手数をかけないでゴールを奪うような。
 翻って、ミシャ監督のサッカーは後方からでも回して手数をかけてゴールを奪う。
 過去20年で培ってきた戦術とは180度違う方向を向いているような気がしてならない。

 ミシャ監督のポゼッションサッカーを浦和のサッカーとするなら、少なくとも5年くらいはミシャ監督に指揮をとってほしい。
 その間にミシャ監督の後継者を育成し、ポゼッションサッカーを更に進化させる。
 ユース、ジュニアユースはもちろんジュニア世代まで同じサッカーをやる。
 ---このくらいの気概でやってほしい。

 実は密かにミシャの後は福田、と勝手に思っていた。でも、昨年の言動を見ると福田は望み薄な気がしてきた。結構批判的だったよね。福田のコーチ就任とか願ったこともあったんだけど。
 そうなるとやっぱり堀だろうか。2011年のラストゲームでゼロトップをやったくらいだし。

 とりとめなくて申し訳ない。

 ユニを買おうか迷っているんだけど、買うなら背番号は30番と決めている。興梠に期待している。
 浦研島崎さんの大分戦レビューを読むと、興梠に対してもっと期待が膨らむよね。
 ここんとこずっとサカダイ・マガで読んでいるけど、いいね。
 
 こんなに開幕が楽しみなのは何年ぶりだろう。
 ともかく、2月3日は駒場へ行く。

|

2012年11月29日 (木)

We are Diamonds

We are Diamonds
We are Diamonds
Yes We Love You
Boys in Red
We Stand Beside You
Forever Always
Yes Red Diamonds
You're the Best

We are Diamonds
We are Diamonds
All Together
Hand in Hand
We will Keep on
Singing for You
Yes Red Diamonds
You're the Best

La la la la
~~
Yes Red Diamonds
You're the Best
Yes Red Diamonds
You're the Best

週末は、6万人で大合唱したい。

|